スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
リンゴのタルトクランブルのせ
 甘酸っぱい紅玉はそのまま食べるのが好きです。

沢山買い込んで余ったら甘く煮て冷凍保存しておくと

お菓子に使ったりヨーグルトをのせたり・・・重宝します。

冷たく冷やしこのまま食べても美味しい~~

P1170367.jpg


なんと言っても果物のなかでリンゴのケーキを使ったケーキが

一番好き!



 煮リンゴを加えクランブルをのせて焼いたタルトです。

リンゴのクランブル

15cmタルト型 (すべての材料を倍にして20㎝型で焼いても)

(生地)
バター・・・・・40g (室温) 
粉砂糖・・・・10g  
薄力粉・・・80g  
卵・・・・・15g (室温)  

(フイリング)
アーモンド粉・30g  
バター・・・・30g (室温) 
粉砂糖・・・・20g  
卵・・・・・・30g (室温)
 

(リンゴ煮)
リンゴ・・・・170g (紅玉などの甘酸っぱいリンゴ) 
グラニュー糖・・10g  
バター・・・・5g   
レーズン・・・15g   
ラム酒・・・・5g   
レモン汁・・・5g    

(クラム)
材料は冷やして
バター    5g  
グラニュー糖・10g   
アーモンドパウダー・15g 
薄力粉・・・・・・・5g 


作り方

生地

1 バターをクリーム状に混ぜたら砂糖を加え空気が入らないように混ぜる。
  溶き卵を数回に分けて入れそのつど空気が入らないよう混ぜたら
  粉を加え手の付け根に擦り付けるように生地を広げてはまとめるを
  繰り返し生地が手につかなくなったら出来上がり。
  大きめのラップではさみ麺棒で型より大きく伸ばす。
  3mmの厚さにしたら型にのせ型より少し高く生地を
  出すように敷き数箇所フォークで穴を開けたら
  ラップをかぶせ1時間以上冷蔵庫で休ませる。

(フイリング)

1 バターを泡だて器ですりまぜたら砂糖を少しずつ入れてはすり混ぜる。
  
2 アーモンドパウダを少しずつ加え混ぜる。

3 溶いた卵を少しずつ入れては混ぜていく。


(煮りんご)

1 リンゴは1個を4等分にしてさらに半分に切る
  鍋にリンゴ、バター、砂糖、レモン汁、レーズンを蓋をして
  中火で煮る。
  煮汁が出てきたらラム酒とシナモンを加え煮汁が少し残るぐらいまで煮る。


(クラム)

1 クラムはすべてをあわせぽろぽろになったら冷蔵庫で休ませる



(仕上げ)

1 タルト生地にアーモンドクリーム・リンゴ煮・クラムをのせたら
  180度のオーブンで45分~50分位焼く(我が家のオーブン温度です)



アップルタルトクランブルのせ



 私は暇な時にタルト生地を作り型に入れ冷凍しています・

煮リンゴもクラムも冷凍しておきます。

ここまで作業しておけばお客さんが来てもあわてないですむ。


 紅茶やコーヒーと良くあう美味しいケーキです。





にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[2015/10/08 08:14 ] | タルト・パイ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<秋鮭で鍋に | ホーム | リンゴのタルト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。